07:53 2019年11月15日
エチオピア航空機墜落でロシア人3人死亡

エチオピア航空機墜落でロシア人3人死亡

© REUTERS / Tiksa Negeri
災害・事故・事件
短縮 URL
210
でフォローする

エチオピア航空のボーイング737型機が10日午前に墜落し、乗客乗員157人が死亡した事件で、ロシア国籍の人物が3人搭乗していたと明らかになった。同機はエチオピアの首都アディスアベバを離陸。ケニア・ナイロビ行きの同便は、エチオピアのデブレ・ゼイト近くで墜落した。

スプートニク日本

エチオピア航空の広報担当者が明らかにしたその他の乗客の国籍は以下の通り。

国籍はそれぞれケニアが33人、カナダが18人、エチオピアが9人、イタリアと中国、米国が各8人、英とフランスが各7人、エジプトが6人、オランダが5人、インドとスロバキアが各4人、オーストリアが3人、モロッコとスペイン、ポーランド、イスラエルが各2人だった。

広報担当者は「亡くなった方々の家族と友人、親族の方々にお悔やみ申し上げます」と述べた。

関連ニュース

エチオピア航空便墜落 生存者なし

タグ
飛行機, アフリカ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント