04:30 2019年07月23日
フランス沖で商船が沈没 現場で油膜が見つかる

フランス沖で商船が沈没 現場で油膜が見つかる

© AFP 2019 / Loic Bernardin/Marine Nationale
災害・事故・事件
短縮 URL
1 0 0

12日にフランス沖でイタリアの商船グランデ・アメリカ号が沈没した事故で、現場では油膜が見つかった。フランス海軍大西洋軍軍管区のサイトで発表された。

スプートニク日本

油膜は長さ10キロ、幅1キロの範囲に広がった。

グランデ・アメリカ号は、イタリア船籍のロール・オン・ロール・オフ(ConRo)船(コンテナ船と車輪を備えた輸送船を組み合わせたもの)。

10日、グランデ・アメリカ号の船内で火災が発生した。船には27人が乗っており、11日にかけての深夜に全員避難、12日に沈没した。

関連ニュース

中国東部沖で2隻の船が衝突 12人が行方不明

ロシア船、韓国の橋に衝突 船長が酩酊か

タグ
事故, フランス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント