13:31 2019年11月19日
パリのノートルダム大聖堂で大きな火災パリのノートルダム大聖堂で大きな火災

パリのノートルダム大聖堂で大きな火災【動画】

© AFP 2019 / Francois Guillot © REUTERS / Charles Platiau
1 / 2
災害・事故・事件
短縮 URL
パリのノートルダム大聖堂で大きな火災 (20)
0 07
でフォローする

仏パリの主要な観光名所の一つ、ノートルダム大聖堂で火災が発生した。犠牲者の情報は伝えられておらず、火災の原因も今のところ不明。ロイター通信がフランス内務省の情報をもとに報じたところによると、火災による犠牲者は出ていない。通信社スプートニクの記者によると、火災によりノートルダム大聖堂の尖塔が崩壊した。大聖堂の屋根は完全に崩れ落ちた。

スプートニク日本

約400人の消防士が消火作業にあたり、大聖堂内部の貴重な聖遺物などの消失を防ごうとしている。

​ノートルダム大聖堂では数か月前から修復作業が行われており、建物の周りには足場が設置されていた。

​SNSには多数の動画が投稿されており、強い煙や炎が映っている。

現場には消防車両が次々と到着している。

スプートニクの特派員は、大聖堂周辺に集まった人々は歌い、祈っていると伝えている。

またマクロン仏大統領も現場に向かったという。

マクロン大統領はツイッターで、フランス人とカトリック教徒に向けて「すべての同胞と同じように、我々の一部が燃える様子を見ることは私にとって痛ましい」とのメッセージを送った。

トランプ米大統領はツイッターで、ノートルダム大聖堂が燃える様子を見るのは痛ましいと投稿し、空から消火作業を行うようアドバイスしている。

​ノートルダム大聖堂はパリの最も有名な観光名所の一つで、12世紀半ばから14世紀半ばまで、およそ200年かけて建設された。主要なカトリック教会の一つでもある。大聖堂には貴重な宗教的芸術作品などが数多く保管されている。

トピック
パリのノートルダム大聖堂で大きな火災 (20)
タグ
火事, フランス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント