13:04 2019年10月20日
カムチャツカ半島カリムスキー山(アーカイブ写真)

カムチャツカ半島カリムスキー山から1日で2回目の噴煙

© 写真: N.Balakhontseva / Institute of Volcanology and Seismology
災害・事故・事件
短縮 URL
0 10
でフォローする

22日、カムチャツカのカリムスキー火山が、海抜6000メートルの高さまで1日で2回目の噴煙を噴き上げた。カムチャツカ火山噴火対策チーム(KVERT)が発表した。

21日、地元研究者がカリムスキー火山から海抜2500メートルの高さまでの噴煙が推定されたと報道した。

「22日にかけての深夜、カムチャツカのカリムスキー火山が、海抜6000メートルの高さまで噴煙を噴き上げた。現在、火山灰は4500メートルまで下がり、火山から南西方向に拡散している」と発表された。

ロシア非常事態省によると、カムチャツカ地方の居住地域で降灰は確認されてない。

カリムスキー山はカムチャツカ半島東部、ペトロパブロフスク・カムチャツキーか ら115kmに位置する。標高は1486m。

火山関連ニュースはこちら

タグ
自然, ロシア, カムチャツカ, 火山
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント