06:48 2019年12月12日
ユリヤ・ユジク氏

イランでロシア人ジャーナリストが拘束される

© 写真 : ユリヤ・ユジク氏
災害・事故・事件
短縮 URL
0 13
でフォローする

イランの首都テヘランで、ロシア人ジャーナリストのユリヤ・ユジク氏が拘束された。4日、ジャーナリストのボリス・ヴォイツェホフスキー氏と、ユジク氏の娘がフェイスブックで明らかにした。

ヴォイツェホフスキー氏によると、ユジク氏は特派員として招待されてテヘランに滞在していた。ユジク氏は入国時に空港でパスポートを没収され、出国時にパスポートを返却すると言われたという。ヴォイツェホフスキー氏は「だが彼女(ユジク氏)のホテルの部屋の扉が破られ、ユリヤはホテルから直接イスラム革命防衛隊(イランの先鋭部隊)の隊員によって連れ去られた」と伝えた。

ヴォイツェホフスキー氏によると、ユジク氏は10月3日の夜にモスクワに電話をかけることが許された。通話時間は約1分間だった。この間にユジク氏は、監房に収監されており、通信手段はなく、土曜日に法廷に連れて行かれると話したという。 ヴォイツェホフスキー氏は、ユジク氏はイスラエル情報機関との協力の嫌疑をかけられており、「最低10年」の禁錮刑を言い渡される可能性があると指摘した。


ユジク氏の拘束は、同氏の娘によって確認された。ユジク氏の娘はフェイスブックに母親のアカウントから投稿し、ユジク氏が自身の母親に電話をかけ、その後、祖母であるユジク氏の母親から連絡があったことを明らかにした。ユジク氏の娘は母親について「彼女はそのような状況が起こりうることを知っていたが、(イランに)行った」と指摘した。

タグ
ロシア, イラン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント