05:25 2019年12月06日
南シナ海

ロシア消費者権利保護・福祉分野監督庁 南シナ海での放射能事故について発表

© REUTERS / Ritchie B. Tongo/Pool
災害・事故・事件
短縮 URL
185
でフォローする

ロシア消費者権利保護・福祉分野監督庁は、「放射能事故」に関する発表から南シナ海地域の放射能環境のモニタリングを強化した。

発表では、環境モニタリングのグローバルネットはこの地域で放射能レベルの上昇を観測したことが確認された。機関はロシアに対する脅威はないと強調した。

以前、巨大水中爆発に関しては、米国のラジオ局「ハル・ターナー・ラジオショー」が軍の情報筋を引用して報じた。軍の情報筋がポータルサイトに語ったところによれば、事故は深さ50メートル地点で発生し、その威力はTNT換算で10から最大20キロトンと推測される。情報筋によれば「地震は除外されている」という。

この地域は恒常的に米国の潜水艦が往来していることが報じられている。この規模の爆発が実際に発生していた場合、潜水艦1隻が損害を受けたか、潜水艦が同地域を離れざるを得なくなっていたと指摘がされた。公式にはこの情報は確認されていない。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント