06:17 2020年10月28日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 04
でフォローする

イスラエル軍広報部は20日、同国空軍機が、パレスチナ自治区ガザ地区からのロケット弾攻撃を受け、同地区南部にあるイスラム原理主義組織ハマスの軍事拠点を攻撃した、と発表した。

イスラエル軍広報部はツイッターで「イスラエル空軍機がガザ地区南部と北部それぞれにあるテロ組織ハマスの軍事施設を攻撃した」と投稿した。

先に、イスラエル空軍は、パレスチナ自治区ガザ地区から19日、イスラエル領に向けてロケット弾が発射されたと発表していた。

イスラエルは砲撃に対する責任はガザ地区のイスラム教組織ハマスにあるとしており、2014年秋より発効の停戦合意にあるパレスチナ側のすべての順守項目を守るよう要求している。

関連ニュース

イスラエル、組閣に相次いで失敗 2020年3月に3度目の総選挙を予定

タグ
イスラエル
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント