02:57 2020年11月30日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

中国中部・湖北省武漢市で、原因不明の肺炎患者が27人確認された。TVチャンネル「CGTN」が、地元当局の情報をもとに報じた。

患者27人のうち7人は重体だという。CGTNによると、患者のほとんどは地元の海鮮市場で働いていた。大多数の患者が発熱を訴えており、呼吸困難に陥っている患者もいる。胸部のX線写真は、場合によっては病気が肺を冒していることを示しているという。

ウイルスを監視するため、中国の国家衛生健康委員会の専門家チームが武漢市に到着した。

これまでのところ、人から人へ感染したケースは確認されていない。当局は、ウイルスの感染源や拡散原因を特定しようとしている。

中国のマスコミは、武漢市の医療関係者らの情報を引用し、新たなウイルスは本質的に新種の非定型肺炎ではなく、新型の重度の肺炎である可能性が高いと報じている。

関連記事

地球温暖化がロシアにもたらすエキゾチックな感染症=学者が語る

タグ
中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント