20:35 2020年01月21日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

8日、エアーフランス社の航空機のシャーシー部で空港の従業員が10歳くらいの児童の遺体を発見した。

パリのシャルル・ド・ゴール国際空港で発見された遺体は不法搭乗によるものだという。この旅客機はコートジボワールの首都アビジャン市を出発したボーイング777便。

公式発表によれば、児童はエアー・フランス社のボーイング777便の下層部、シャーシー部付近に隠れていたという。

航空機の下部の温度は、離陸のわずか数分後には零度を下回り、その場所にいた人は死にいたるおそれがある。

フランスの警察は捜査を開始している。

エアー・フランス社では、現在、調査を行っていることを確認したが、補足的なコメントの発表は控えた。情報筋が地元メディアに伝えたところでは、死亡した児童は南アフリカ出身だという。

8日、 ウクライナ機がイランで墜落した。

タグ
フランス, 航空, パリ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント