23:30 2020年08月11日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 11
でフォローする

13日(月)早朝、マレーシアのクアラルンプール郊外でバドミントン世界ランキング1位の桃田賢斗選手らが乗った車が事故に遭い、運転手が死亡し、桃田選手ら日本人3人を含む4人がけがをした。桃田選手は鼻の骨を折ったという。NHKニュースが伝えている。

日本時間13日午前6時頃、現地で行われた国際大会を終えクアラルンプール郊外の空港に向かっていた桃田選手らが乗った車が、高速道路で前を走っていたトラックに突っ込んだ。

この事故で桃田選手が乗った車の運転手が死亡、桃田選手ら日本人3人と英国人1人の合わせて4人が怪我をした。日本バドミントン協会などによると、事故に遭った車には桃田賢斗選手と平山優コーチ、森本哲史トレーナーが同乗していたという。

桃田選手らは現地の病院に搬送され手当てを受けている。警察によると、桃田選手は鼻の骨を折り口の中を切ったということで、4人とも命に別状はないという。

関連ニュース

タグ
スポーツ, 事故
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント