14:09 2020年08月15日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 01
でフォローする

トルコの格安航空会社ペガサス航空のBoeing-737-800型機が、イスタンブールのサビハ・ギョクチェン国際空港にハードランディング(硬着陸)して機体が大破した事故で、当局は事故発生直後、21人が負傷としていたが、最新の発表では3人が死亡、負傷者は179人に達したことが分かった。

トルコ政府は、この事故で乗客3人が病院搬送後に死亡したことを明らかにした。イスタンブールのアリ・エルリカヤ知事によれば、現場の悪天候が事故の原因となった模様。

先にトルコ紙Daily Sabahは、同国西部イズミル発の旅客機がサビハ・ギョクチェン国際空港の滑走路をオーバーランし、火災が起きたと報じた。

​ハードランディングした航空機の胴体は大破し、機体に搭乗していた乗員乗客183人のうち、3人が死亡、179人が負傷した。

タグ
事故, トルコ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント