11:28 2020年10月23日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 00
でフォローする

中国の四川省南西部で鳥インフルエンザH5N6の拡大が確認された。人への感染はいまのところ確認されていない。中国農業農村省が発表した。

鳥インフルエンザ(アーカイブ写真)
© Sputnik / Александр Кондратюк
鳥インフルエンザが発生したのは西充県の国営飼育場の1つ。

同飼育場には2497羽が養鶏され、うち1840羽が感染で死亡したことが伝えられた。伝染病の発生後、地方当局はインフルエンザ拡大の予防のため緊急措置を実施し、2260羽超を殺処分した。

この間、中国農業農村省は、湖南省邵陽市双清区の農業企業で鳥インフルエンザH5N1が拡大したと発表していた。

関連ニュース

タグ
事件, 病気
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント