10:43 2020年09月20日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 15
でフォローする

北朝鮮は短距離巡航ミサイルと思われる飛翔体を日本海に数発発射した。飛行距離は150キロメートル強とされる。韓国軍合同参謀本部が発表した。

同参謀本部によると「北朝鮮は今朝、東部・江原道文川から日本海に向けて、巡航ミサイルと思われる飛翔体を数発発射した。北朝鮮によるさらなる軍事作戦の可能性を鑑み、韓国軍は監視を続け、態勢を維持する。現在、米国と韓国の諜報部が情報を精査している」という。

聯合ニュースによると、飛翔体の飛行距離は150キロメートルを超えていたという。また韓国軍は、同国元山市付近で北朝鮮空軍の動きがあったことを確認。Suクラスの戦闘機が空対地ミサイルを発射したとみられている。

今回の飛翔体発射は2020年に入ってから5回目。直近では3月29日に北朝鮮軍がミサイル実験を行った。翌日、北朝鮮メディアは超大型多連装ロケットランチャーの戦略・技術的な性能試験を行ったと報じた。

関連ニュース

タグ
事件, ミサイル, 日本, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント