16:01 2020年07月05日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 02
でフォローする

ロシア・クラスノヤルスク地方の都市ノリリスクの固形産業廃棄物の処理施設で火災が発生した。クラスノヤルスク地方の緊急対応当局が通信社スプートニクに伝えた。

緊急対応当局によると、モスクワ時間09時05分(日本時間15時05分)に「バイカル2000」社の固形産業廃棄物の処理施設で火災が発生、火災面積は1000平方メートルとの情報が入った。

火災現場から最寄りの住宅までの距離は5キロ超。煙はツンドラ(永久凍土)の方向に広がっているという。

26人の消防士と車両8台が消火活動にあたっている。

ノリリスク地域では最近、環境に影響を与える複数の事故が発生している。

先月、ノリリスクでは「ノリリスク・ニッケル」社の工場からツンドラ地帯に廃棄物が流出した。

また5月末から6月上旬にはノリリスク地域の川に燃料が流出し、プーチン大統領が非常事態を宣言した

タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント