15:37 2020年08月11日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 23
でフォローする

モンゴル西部で腺ペスト流行の危険性が高まったことから、地元政府は7月25日からの制限措置を導入した。地元のモンツァメ通信社が明らかにした。

モンゴル西部ザブハン県ウリアスタイ郡で男性には腺ペスト特有の症状である高熱、筋肉痛、頭痛が出ていた。

このため男性と接触のあった9人も隔離病棟に収容され、検査が行われている。検査の結果は2晩を待たねばならない。

腺ペストの流行の恐れが発生したことを受け、ウリアスタイ郡は昨日7月25日から郡の境界線を閉鎖し、検疫をしいた。郡政府は市民に対して検疫措置を順守して、大人数で集まることをせず、マーモット狩りやその肉を食用しないよう呼び掛けている。

中国北部の内モンゴル自治区でも7月初めに腺ペスト大流行の危険性が高まったことを受け、第3レベルの疫学的警告が発令されている。この時も腺ペストの症状の出た男性が病院に搬送されている。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント