00:16 2020年12月01日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 171
でフォローする

ベネズエラ軍部は麻薬を輸送していた米国籍の航空機を撃墜した。ベネズエラ内務省のネストル・レヴェロリ大臣が自身のツィッターで明らかにした。

航空機はスリヤ州上空を横断中に撃墜された。同機は「世界最大のコカイン生産国」であるコロンビアからの麻薬を輸送中だった。ベネズエラ軍部はレーダーを使い、機体を発見した。

ベネズエラでは7月初旬にも領空に違法に侵入したとして、米機が軍部に撃墜されている。軍部は撃墜された航空機は麻薬輸送に使われていた発表していた。飛行中の民間航空機の位置を表示するウェブサイト「Flightradar」の調べによると、問題となっているのは民間機ホーカー800。

2013年、マドゥーロ大統領は、麻薬を積んでベネズエラ領空を通過する飛行機に対しては撃墜を許可した。この法案はマドゥーロ氏の前任のチャベス元大統領の発案によるもの。

​これより前、マドゥーロ大統領は、トランプ米大統領が自分の暗殺計画を承認し、現在、これを引き受けるスナイパー探しが行われているという声明を表していた。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント