08:43 2020年10月25日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 11
でフォローする

フランス南東部のアルプマリティム県では暴風雨により、少なくとも11人が行方不明になっている。現地のニース・マティン紙が報じている。

フランス南東部では暴風雨が続いており、行方不明者が11人にまで膨れ上がっている。11人のうち2人は消防士で、1人が警官とされている。消防士らと警官はいずれも車で移動中のところ、濁流に飲み込まれて流された模様。

​アルプマリティム県では非常に激しい雨が続いており、自治体は最大限の警戒を住民に呼び掛けている。

この集中豪雨により、サン・マルタン・ヴェジュビー地区では橋が崩落したほか、ニースにあるコート・ダジュール空港は閉鎖された。

​関連ニュース

タグ
災害, フランス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント