09:30 2020年11月25日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 10
でフォローする

2日、カムチャツカ半島のカルィムスキー山で噴火が発生し、5000メートルまで噴煙が上昇した。カムチャツカ火山噴火対策チーム(KVERT)が発表した。

現地時間で2日早朝、カルィムスキー山で噴火が発生し、噴煙は5000メートルまで上昇した。

衛星写真によると、火山灰は火口から北東へおよそ11キロメートルにわたって拡散した模様。

カルィムスキー山には現在、航空危険度で2番目に危険なオレンジコードが発令されている。

カルィムスキー山はペトロパブロフスク=カムチャツキー市から115キロの距離にある。標高は1486メートル。

関連ニュース

カムチャツカ半島東部でM5の地震発生

トルコ沖地震 死者は49人に

タグ
災害, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント