12:15 2021年04月19日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 112
でフォローする

モデルナ社製のワクチン500本超を故意に棄損した疑いを持たれている米ウィスコンシン州のオーロラ医療センターの医療従事者は、陰謀論を信じ、製薬は人々にとって有害でありDNAを変えてしまうおそれがあると考えていた。

12月31日、ウィスコンシン州の治安維持機関が薬剤師を拘束したことが報じられている。この薬剤師はモデルナ社の開発した新型コロナウイルス用ワクチン500本超を故意に棄損した。

棄損された一連のワクチンの総額は約8000ドル(約82万円)から1万1000ドル(約113万円)と見積もられる。

裁判所は保釈金約1万ドル(約100万円)で男を釈放した。この事件に関する予備審問は19日に予定されている。


この間モデルナ社は、新型コロナウイルス用ワクチンの臨床試験で第3段階が終了したことを発表した。その効果は94.5%とされる。

タグ
新型コロナウイルス, Moderna
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント