06:30 2021年09月24日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 14
でフォローする

イラン南部の海域において、イラン海軍の補給艦で火災が発生し、鎮火できずに沈没した。同国のメヘル通信が伝えている。

同通信によると、補給艦「ハールク」は数日前に公海に向けて出航した。しかし2日に火災が発生。同艦では海軍の支援と新兵の訓練が行われており、艦内のシステムの一部から出火したという。

​火災発生後、乗船していた士官候補生は同艦を放棄し、ほど近いイラン南部のジャスク港に移動した。その後、複数の当局のスペシャリストが消火活動を開始したものの、鎮火には至らなかった。同艦はすぐに沈没したが、死者は出ていない。

​関連ニュース

タグ
イラン, 事故
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント