15:32 2021年09月23日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 13
でフォローする

モスクワ郊外で17日、軽量軍用輸送機Il-112Vの唯一の飛行用プロトタイプが墜落した。入手した情報によると、乗っていた3人全員が死亡した。

Il-112Vは、モスクワ郊外のクビンカ飛行場に着陸進入中に墜落した。統一航空機製造会社(UAC)が発表した。

右エンジンが発火し、右舷側に傾き、減速し、回転しながら墜落した。Il-112Vは全焼したという。

Il-112Vは、フォーラム「アールミヤ2021」に参加するため、ロシア南西部ヴォロネジからモスクワ郊外にやってきた。同機は、ソ連のAn-24及びAn-26 の代替機として開発されているターボプロップエンジンを搭載した軽量軍用輸送機。当初は民間機として設計されたが、後に軍用バージョンの製造が始まった。

関連ニュース

タグ
事故
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント