07:10 2021年01月24日
2018年度世界の軍事費支出
© Sputnik

2018年、世界の軍事費は前年より2.6%多い、1兆8千億ドルに上ったが、一方でロシアは2006年以来初めて、軍事費の支出最大国トップ5から抜け出た。ストックホルム国際閉鎖研究所(SIPRI)の毎年発表のレポートでこうした統計が明らかにされた。

スプートニク日本

この数値は同研究所が軍事費の統計を開始し始めた1988年以来、世界のGDPの2.1%を占める最大値で、世界中の人が1人あたり239ドルを軍事費に費やした計算となる。

ロシアの2018年度軍事費は、SIPRIの調べでは昨年比3.5%減の614億ドル。これによりロシアは軍事支出最大国の6か国目にランクを落とした。

支出最大国は米国。続いて中国、サウジアラビア、インド、フランスの順番で、この5か国だけで世界の軍事費の60%を使っている。

SIPRIのレポートでは、米国の軍事支出はけた違いに大きく、SIPRIのランキングで米国に次ぐ8か国の軍事費をすべて合わせた額に相当することが示された。

2位の中国の軍事費は世界全体の14%。

NATOの全加盟国、29か国の軍事費は9630億ドルで世界の軍事費の半分以上、53%に相当する。

SIPRIは1966年の創設。独立の分析センターとして紛争、軍事や軍縮コントロール問題に取り組んでいる。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

インフォグラフィックをもっと見る

  • アップデート: 2021年01月15日 23:20
    2021年01月15日 23:20

    世界中で発見される新型コロナウイルスの新種

    2020年12月末、いくつかの国々が新型コロナウイルス感染者から新種を検出したと発表した。12月中旬には、英国で変異種が検出されたことが明らかになった。12月19日には、南アフリカ共和国の当局が新種を発表。英国、南アフリカに続き、デンマークとブラジル当局が新種を検出したと明らかにした。そして12月25日、ナイジェリア当局が変異種を報告している。年が明けた1月4日、米国で変異株2種が発見された。

  • アップデート: 2020年12月21日 22:52
    2020年12月21日 22:52

    2021ロシアフィギュアスケート選手権 競技日程

    12月22日から27日まで、ロシアフィギュアスケート選手権がチェリャビンスクで開催される。ロシア国内の新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、最終的な出場選手は大会開始直前に発表される。

  • クマに遭遇!  襲われないためにはどうする? 
    アップデート: 2020年10月30日 21:22
    2020年10月30日 21:22

    クマに遭遇!  襲われないためにはどうする? 

    この秋、日本では東北・北陸地方をはじめ各地でクマの出没や人的被害が相次いでいる。そこでスプートニクでは、もしもクマに遭遇してしまったときにとるべき9つの行動をまとめた。

  • ナゴルノ・カラバフの紛争について何が知られているか?
    アップデート: 2020年10月06日 18:13
    2020年10月06日 18:13

    ナゴルノ・カラバフの紛争について何が知られているか?

    アゼルバイジャン国防省は9月27日、同国軍がナゴルノ・カラバフ境界線の居住区で砲撃を行なったことを発表した。これに対し、アルメニア国防省は、アゼルバイジャン側からカラバフが空爆およびミサイル砲撃を受けたことを明らかにした。

    ナゴルノ・カラバフの状況