02:22 2019年08月23日
2018年度世界の軍事費支出
© Sputnik /

2018年、世界の軍事費は前年より2.6%多い、1兆8千億ドルに上ったが、一方でロシアは2006年以来初めて、軍事費の支出最大国トップ5から抜け出た。ストックホルム国際閉鎖研究所(SIPRI)の毎年発表のレポートでこうした統計が明らかにされた。

スプートニク日本

この数値は同研究所が軍事費の統計を開始し始めた1988年以来、世界のGDPの2.1%を占める最大値で、世界中の人が1人あたり239ドルを軍事費に費やした計算となる。

ロシアの2018年度軍事費は、SIPRIの調べでは昨年比3.5%減の614億ドル。これによりロシアは軍事支出最大国の6か国目にランクを落とした。

支出最大国は米国。続いて中国、サウジアラビア、インド、フランスの順番で、この5か国だけで世界の軍事費の60%を使っている。

SIPRIのレポートでは、米国の軍事支出はけた違いに大きく、SIPRIのランキングで米国に次ぐ8か国の軍事費をすべて合わせた額に相当することが示された。

2位の中国の軍事費は世界全体の14%。

NATOの全加盟国、29か国の軍事費は9630億ドルで世界の軍事費の半分以上、53%に相当する。

SIPRIは1966年の創設。独立の分析センターとして紛争、軍事や軍縮コントロール問題に取り組んでいる。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

インフォグラフィックをもっと見る

  • 子守唄を歌い、日なたに長時間いるのを嫌う:クジラに関する8つの事実
    アップデート: 2019年07月10日 21:48
    2019年07月10日 21:48

    子守唄を歌い、日なたに長時間いるのを嫌う:クジラに関する8つの事実

    日本が商業捕鯨を再開した後、捕鯨のあり方は世界で最も議論されるテーマの一つになった。環境学者や動物の権利を庇護する人々は警鐘を鳴らし、日本の決定を非難している。漁業関係者や日本の大半の住民は、「伝統的な」捕鯨に戻ることに賛意を示している。こういった議論を背景にスプートニクは、この驚くべき哺乳類、クジラの生態について、より詳しくご紹介する。

  • 世界フィギュアスケート国別対抗戦2019
    アップデート: 2019年04月11日 21:10
    2019年04月11日 21:10
  • 世界フィギュアスケート選手権大会の競技日程
    アップデート: 2019年03月19日 23:04
    2019年03月19日 23:04

    世界フィギュアスケート選手権大会の競技日程

    フィギュアスケート世界選手権は日本の埼玉で行われる。専門家は、世界最強の選手による「熱い氷上」の戦いになると見ている。

  • NZモスク銃乱射事件
    アップデート: 2019年03月18日 19:25
    2019年03月18日 19:25

    NZモスク銃乱射事件

    ニュージーランドのクライストチャーチにある2つのモスクで、銃乱射事件が発生した。これらのモスクのそばに駐車されていた複数の自動車の中からは、手製の爆発装置がいくつか発見されたが、これらについては警察が無害化処理を行った。