22:33 2021年08月02日
クマに遭遇!  襲われないためにはどうする? 
© Sputnik

この秋、日本では東北・北陸地方をはじめ各地でクマの出没や人的被害が相次いでいる。そこでスプートニクでは、もしもクマに遭遇してしまったときにとるべき9つの行動をまとめた。

  1. クマを見つけたが、クマは気がついていない場合は、そのままクマが通り過ぎるのを待つ。クマが人を襲うことは珍しく、遭遇するだけということの方が多い。
  2. 落ち着いたはっきりした声でクマに話しかける。目撃者によれば、悪罵が有効なことがある。
  3. クマが後ろ足で立ったときは、好奇心を持っている証拠で、それほど危険でないことが多い。その場合は、ゆっくりと後ずさりする。ただしクマがついてくるようなら、立ち止まること。
  4. クマの目を見ない。これはクマ以外の猛獣、犬にも共通する。直接的なアイコンタクトは挑戦的な態度を意味する。また写真を撮らないこと。レンズを目と捉えられる可能性がある。
  5. 釣りをしているときに、近づいてくるクマを見たら、釣りをやめて、釣り糸を切る。クマが餌を得る競争相手と感じたら、攻撃される可能性がある。
  6. 絶対に走らない。クマの走る速さはスタートしてすぐに時速60キロにもなり、逃げることはできない。地球上で最速の男ウサイン・ボルトの最高速度でも時速43キロであることを忘れずに。クマは自分から走って逃げる動物(ヒト)を獲物だと捉えるため、走り出せばほとんど命はない。クマに遭遇したら、走って逃げ出したくなるのは当然だが、絶対に走ってはいけないというこの注意を思い出し、頭の中で繰り返すこと。
  7. クマのうなり声は絶対に真似しない。
  8. 懐中電灯、発煙筒などの照明器具を使う。銃で威嚇する場合は空に向けるか別の方向に向けること。絶対にクマの方には向けない!
  9. 子グマに遭遇しても、絶対に近寄らない。近くに必ず母グマがいて、母グマは自分の子どもを守るためならどんなこともする。
タグ
動物
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

インフォグラフィックをもっと見る

  • アップデート: 2021年07月27日 21:54
    2021年07月27日 21:54

    ロシア、新型の爆撃用無人航空機を発表

    ロシアは、世界の武器市場に輸出する自国初の偵察・爆撃用無人航空機「オリオン-E」のプロモーションを開始した。「オリオン-E」は日中や夜間、様々な気候条件の中での空中偵察や、対象物の座標の決定とそのデータの送信ができるよう設計されている。

  • ソックスの長さと行方不明のマラソン選手  オリンピックで最も興味深い事実
    アップデート: 2021年07月22日 21:17
    2021年07月22日 21:17

    ソックスの長さと行方不明のマラソン選手 オリンピックで最も興味深い事実

    今からちょうど125年前の1896年4月6日、近代オリンピック第1回大会がアテネで開催。近代オリンピック第1回大会には、14カ国から約240名の選手が参加。 オリンピック復活の発起人は、IOC初代事務総長のピエール・ド・クーベルタン男爵。 オリンピック憲章には、大会はすべての国のアマチュア選手が公正かつ公平に競うものであり、国や個人の人種的、宗教的、政治的な理由による差別は許されないと明記されている。

  • アップデート: 2021年06月21日 15:55
    2021年06月21日 15:55

    別名「黒い真菌」 ムコール症とはどんな感染症か?

    新型コロナウイルスの感染拡大が著しいインドで、感染者の間できわめて稀でかつ致死率の高い真菌感染症「ムコール症」の患者が急増している。この感染症は一体どのようにして引き起こされるのか、人体にどのような影響を及ぼすのか、またその治療法について、スプートニクがインフォグラフィックでまとめた。

  • アップデート: 2021年05月17日 23:30
    2021年05月17日 23:30

    仮想通貨市場の一風変わった通貨たち

    仮想通貨が決済手段であり、未来のお金であることはすでに周知の事実だ。その一つ一つが独自の方法で、特定の目的のために開発されることが多い一方で、中にはその特徴と適用範囲の広さで驚かせるような一風変わったコインも存在する。そこで今回スプートニクでは、最も「かわいい」とされる3つの仮想通貨についてご紹介します。