06:50 2021年09月25日
英国で新たな新型コロナ変異株

エディンバラ大学の研究者らはイングランド南西部ブリストルで、新型コロナの新たな変異株を発見した。この新たな変異株はB1525と名付けられた。ガーディアン紙が15日、学者らを引用して報じた。


また、2020年末、ケント州で最初に確認された変異株の存在が明らかになった。実際のところ「ケント」株の最初の感染は2020年9月に起きていた。英国では同年12月13日までに1000人以上が変異株に感染した。

専門家らによると、変異株が外国から「持ち込まれた」ことを示唆するデータはない。したがって、変異種は英国で発生したとみられる。なお学者らはこの変異株について、実際に従来のウイルスよりも人から人への感染力が71%強いのかどうかを明らかにしようとしている。

変異株は他の国でも確認されている。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

インフォグラフィックをもっと見る

  • 2022年FIFAワールドカップ・アジア最終予選
    アップデート: 2021年09月07日 20:46
    2021年09月07日 20:46

    中国対日本 どちらが勝つのか?

    中国代表はドーハで7日(現地時間)、2022年FIFAワールドカップ・アジア最終予選で日本代表と対戦する。キックオフは日本時間で8日の0時00分。

  • アップデート: 2021年07月27日 21:54
    2021年07月27日 21:54

    ロシア、新型の爆撃用無人航空機を発表

    ロシアは、世界の武器市場に輸出する自国初の偵察・爆撃用無人航空機「オリオン-E」のプロモーションを開始した。「オリオン-E」は日中や夜間、様々な気候条件の中での空中偵察や、対象物の座標の決定とそのデータの送信ができるよう設計されている。

  • ソックスの長さと行方不明のマラソン選手  オリンピックで最も興味深い事実
    アップデート: 2021年07月22日 21:17
    2021年07月22日 21:17

    ソックスの長さと行方不明のマラソン選手 オリンピックで最も興味深い事実

    今からちょうど125年前の1896年4月6日、近代オリンピック第1回大会がアテネで開催。近代オリンピック第1回大会には、14カ国から約240名の選手が参加。 オリンピック復活の発起人は、IOC初代事務総長のピエール・ド・クーベルタン男爵。 オリンピック憲章には、大会はすべての国のアマチュア選手が公正かつ公平に競うものであり、国や個人の人種的、宗教的、政治的な理由による差別は許されないと明記されている。

  • アップデート: 2021年06月21日 15:55
    2021年06月21日 15:55

    別名「黒い真菌」 ムコール症とはどんな感染症か?

    新型コロナウイルスの感染拡大が著しいインドで、感染者の間できわめて稀でかつ致死率の高い真菌感染症「ムコール症」の患者が急増している。この感染症は一体どのようにして引き起こされるのか、人体にどのような影響を及ぼすのか、またその治療法について、スプートニクがインフォグラフィックでまとめた。