06:51 2017年03月25日
東京+ 5°C
モスクワ+ 1°C
    沖縄県 辺野古移設反対をオバマ大統領に伝えるよう依頼

    沖縄県 オバマ米大統領に反対していると伝えてほしい

    © AP Photo/ Eugene Hoshiko
    日本
    短縮 URL
    0 498103

    安倍首相と沖縄県の翁長知事が17日、初めて会談した。翁長知事は、米軍普天間基地の名護市辺野古への移設について、断固反対するとの考えを表し、米ワシントンで4月末に開かれる日米首脳会談で、米国のオバマ大統領に反対であることを伝えるよう求めた。

    翁長知事は3月末、辺野古沿岸部における海底ボーリング調査の停止を指示した。これを受けて沖縄防衛局は農林水産省に不服申し立てを行ない、翁長知事の指示は一時的に停止され、知事の指示の合法性に関する調査が始まった。結果は4月30日に明らかになる。沖縄県当局は、結果に納得できなかった場合、裁判に訴える可能性もある。

    関連:

    沖縄、米軍基地反対の声は ますます高らかに
    沖縄基地問題、日本政府も今回は県民の声を聞かざるをえない
    沖縄県知事 作業中止指示へ 許可取り消しも
    タグ
    沖縄
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント