22:58 2018年09月22日
日本で福島第1原発用の新たなロボットのテストが行われる

福島第1 「凍土壁」の試験作業始まる

© AP Photo / Tom Curley
日本
短縮 URL
0 15

30日、福島第1原子力発電所で、汚染水の流出を防ぐための「凍土壁」を試験的に凍結させる作業が始まった。日本のマスコミが伝えた。

福島第1原発では、このシステムを作る作業に10ヶ月以上が費やされた。

凍土壁の全長は、およそ1.5キロ。NHKによると、1号機から4号機までの周囲の地盤を凍らせて凍土壁で取り囲み、地下水を遮断する計画だという。建設費は、約345億円。

福島第1原発では、汚染水の流出が重要な問題として残っている。東京電力の職員が活動を続けているものの、現地では汚染水の流出が頻繁に確認されており、海への流出も起こっている。

タグ
福島, 日本関連, 原発
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント