10:13 2017年08月18日
東京+ 27°C
モスクワ+ 18°C
    日本の学者ら、プラスチックごみの南極への影響を調査

    日本の学者ら、プラスチックごみの南極への影響を調査

    © AP Photo/ Leo Correa
    日本
    短縮 URL
    126851

    日本の環境省は南極におけるプラスチックごみの影響を調査する計画だ。

    NHKによれば、九州大や東京海洋大など4大学の合同調査となる。

    調査は11月からの予定。南極周辺の水を採取し、大小のプラスチックごみを集める。また、プラスチックごみがどのような経路で南極方面に漂着するのか、その軌跡も調査される。

    事前の予測では、海洋の生態系に最悪の影響を与えているのが、プラスチックの微粒子である。魚たちが気付かずに極小のごみを食べてしまい、死んでしまうと考えられている。

    タグ
    日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント