02:52 2018年10月22日
日本「ウィクリークス」の情報について米側にさらなる説明を要求

日本「ウィクリークス」の情報について米側にさらなる説明を要求

© REUTERS / Toru Hanai
日本
短縮 URL
0 82

安倍首相は「米国家安全保障局(NSA)が日本の官僚達の盗聴を行っていたとの内部告発サイト『ウィクリークス』の情報をめぐる状況に関し、日本政府が米国からの説明を待っている」事を確認した。

共同通信は、参議院平和安全特別委員会での安倍首相の「仮に事実であれば、同盟国として遺憾である。我々は、状況を明らかにするよう米側に求め続ける」との発言を、引用し伝えた。

共同通信によれば、先に日本政府の消息筋も、もし『ウィクリークス』が発表した情報が確認されれば、日本政府は米国側に抗議する意向だと述べている。なお昨日、米国務省のマーク・トナー報道官は「米国政府と日本政府は『ウィクリークス』による情報漏洩をめぐる状況を討議している」と述べた。

「ウィキリークス」はサイト上で「Target Tokyo」と題するリストを公表した。その中には、米国の諜報機関が、少なくとも第一次安倍内閣の時代から諜報活動を行っていたとされる、35人の日本のハイレベルの政治家や官僚、実業家35人が含まれている。

関連:

菅官房長官「仮に事実であれば同盟国として極めて遺憾だ」
米諜報スキャンダル 安倍首相による「国家安全保障」の概念拡大の助けに!?
タグ
日本関連, NSA, ウィキリークス, 米国, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント