00:45 2018年06月24日
iPS細胞を使った世界初の手術から1年「経過良好」

iPS細胞を使った世界初の手術から1年「経過良好」

© Sputnik / Vitaliy Ankov
日本
短縮 URL
251

世界で始めて行われた、患者自身のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った目の網膜の組織を移植する手術から、1年が経過したが「経過は良好」だ、とのことだ。高橋政代プロジェクトリーダーを長とする理化学研究所の学者達と、神戸の先端医療センター付属病院の医師達が、発表した。

火星
© 写真 : NASA/JPL-Caltech/Cornell Univ./Arizona State Univ
付属病院の栗本康夫統括部長は「安全性という観点からは、一年が経過し、肯定的なダイナミズムが示された。健康に害をもたらすような現象は、この一年、見られなかった」と述べている。

プロジェクトリーダーを務める高橋教授は「あらゆるリスクを考えてきたので予想どおりの結果だと思っている。早く多くの患者に使ってもらえる治療にしていきたい」と強調した。

患者自身も「見える範囲も広がったように感じる。思い切って新しい治療を受けてよかった」と述べている。

iPS細胞を使った世界で始めての手術は、昨年9月、加齢黄斑変性という重い目の病気に苦しんでいる70代の女性に対して行われた。

タグ
医療, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント