21:48 2018年10月18日
垂直離発着機MV-22オスプレイ

米軍は2017年度以降、オスプレイの沖縄配備を計画

© AFP 2018 / SAUL LOEB
日本
短縮 URL
1322

米軍の軍事用輸送機MV22オスプレイは2017年以降、沖縄県に配備される可能性がある。NHKテレビが報じた。

「2017年以降に計画の転換式航空機の沖縄配備は、この機器が日本領内では横田基地外に配備される最初の例となる。」NHKが米国防総省の声明を引用して報じた。

これより前、日米はオスプレイの沖縄での展開を検討していた。ところが地元住民からは、こうした決定は「負担の増大」として、政権の行為に反対の声が上げられていた。米国は米空軍374航空運輸隊所属の10機のオスプレイを横田基地にあわせて日本に配備する方針が決まっている。

沖縄県側は独自の環境モニタリングを行ない、その結果、オスプレイが必須の兵器を搭載して」沖縄に配備されても「環境には害を与えない」事が明らかにされている。にもかかわらず沖縄県側は、日本政府が負担の一部を受け持つと約束しても、いずれにせよ沖縄には負担が残ると指摘している。

タグ
日米関係, オスプレイ, 沖縄, 米国, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント