03:40 2018年02月23日
東京+ 2°C
モスクワ-10°C
    車窓から景色を眺める子供

    福島第一原発事故後がんになった子供の家族、「家族の会」を結成

    © Fotolia/ Momijinoha
    日本
    短縮 URL
    10223

    福島第一原発事故後甲状腺癌と診断された福島県の子どもらの保護者は、当局に事故と病気の関連性を認定させるため、「家族の会」という団体を結成した。

    福島、事故から4年の姿
    © 写真: Arkadiusz Podniesinski/REX
    事故後、日本の当局は、事故当時18歳未満だった38万人の小児および青年の定期的なモニタリングを実施するよう命じた。現在までに167人に甲状腺癌、またはその疑いがが認められている。しかし、放射線被曝の線量が非常に小さかったため、専門家は、病気の原因が原発事故だったかどうか断言できないでいる。

    情報交換および子供たちの病気の真の原因の確立のため、両親たちが「311甲状腺がん家族の会」を結成した。

    タグ
    医療, 福島, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント