20:30 2021年01月16日
日本
短縮 URL
954
でフォローする

2015年に訪日ロシア人観光客の数が2014年と比較して15%減少した。18日、日本政府観光局のバレンティン・シェスタク副局長が発表した。

2015年にロシアの観光業界が直面した危機にもかかわらず、現地のツアーオペレーターは積極的に日本とのビジネスを継続した。その甲斐もあって年明けからロシア人旅行者は再び日本に関心を向け始めた。シェスタク副局長はこう説明する。

今年、ロシアと日本は、モスクワと極東の2地域を対象に、観光促進キャンペーンを展開する。さらに、極東・シベリア地域から新たなプログラム・チャーターが始動される。

シェスタク副局長は、昨年の訪日観光客は1970万人を数えこれは昨年比約50%の増加であり、日本の観光業は全体として大いに成功を収めたと語った。

 

関連:

スターカップルが日本におけるロシア文化年の開幕を宣言
モスクワで麻雀カップ、日本人世界チャンピオンが女性ファンらと対戦
モスクワプラネタリウム、首都上空の5D-フライトに誘う (動画)
タグ
露日関係, ロシア, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント