16:28 2019年12月14日
日本は大阪にある濃縮ウラン備蓄を手放す

日本は大阪にある濃縮ウラン備蓄を手放す

© 写真 : Public Domain
日本
短縮 URL
0 114
でフォローする

日本は大阪の核施設で保存されている濃縮ウランの備蓄を手放す。ワシントンで開催の核安全保障サミットで安倍晋三首相が声明を出した。共同通信が報じた。

サミットでオバマ米大統領は次の声明を出している。「日本は高濃縮ウランとプルトニウム0.5トンあまりの運び出しに取り組んでいる。これは一国からの核物質の運び出しとしては歴史上最大級のプロジェクトだ」。

日本は核兵器を所有も製造も輸入もしないことを自らに義務付けているが、繰り返し、保有しているプルトニウムの量は核弾頭40発を製造するのに十分なものだ、と批判されている。 2014年の核安全保障サミットで、日本と米国は、プルトニウムの運び出しについて合意に達した。

タグ
安倍晋三, 米国, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント