21:09 2018年08月19日
日本はロボット農民の開発に3700万ドルを投資

日本はロボット農民の開発に3700万ドルを投資

© Flickr / Andrew Stawarz
日本
短縮 URL
1810

日本の当局は、農家の作業を自動化するのに役立つロボット20種類を開発するために3700万ドルを投じる。ブルームバーグが報じた。

G7農相会議で計画が発表された。日本の農相によれば、農場は高齢者が著しく、例えば、日本の農家の平均年齢は67歳であると指摘した。

国内最大手の農業機器メーカー、クボタは、田んぼで使用できる自律式トラクターのプロトタイプを開発したという。

同社はまた、高齢の農家が背中で運ぶことができるようにな装置の開発も進めている。この装置は果物や野菜の収穫を楽にするものだという。

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント