13:23 2019年05月26日
稲田防衛相

稲田防衛相、米ヘリパット建設求め沖縄へ

© REUTERS / Kyodo
日本
短縮 URL
3318

稲田朋美防衛相は8月初めに就任して以来始めて、9月23日、24日の日程で沖縄を訪れる。沖縄は米軍北部訓練場のヘリパッド建設が問題になっている。21日、日本の防衛省がサイトで発表した。

稲田防衛相は那覇の軍事基地を訪れ、ヘリパット基地建設と宜野湾市の普天間米軍基地の辺野古への移設に断固反対している沖縄の翁長雄志知事と顔を合わせるとみられている。

共同通信が報じるところ、沖縄訪問中、稲田防衛相は翁長知事に日本政府の立場に理解を示すよう求める。

最近、普天間基地の辺野古移設に関する裁判で、高等裁判所は国側の訴えを認めた。

関連:

稲田防衛大臣、南シナ海での演習を頻繁に
稲田防衛大臣、中国の活動活発化で米国との協力強化を呼びかけ
タグ
日本, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント