06:08 2018年08月20日
日本の三菱リージョナルジェット、初のテスト飛行で無事米国へ

日本の三菱リージョナルジェット、初のテスト飛行で無事米国へ

© AFP 2018 / Kazuhiro Nogi
日本
短縮 URL
0 65

日本製旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)は29日、名古屋からワシントン州グラント・カウンティー空港まで初のテスト飛行を行なった。共同通信が報じた。

テスト飛行は今まで数度にわたって延期されてきた。1月前に決行された際は離陸後、空調システムに動作不具合が見つかったため名古屋空港にUターンしていた。

MRJは三菱重工の三菱航空機が開発。日本国産の旅客機としては半世紀以上もの空白期を経て誕生した。MRJには数種のバリエーションがあり、1号機のMRJ70は座席数78、2号機のMRJ90は92席ある。三菱航空機は将来は100席近い大型機を作ることも夢ではないとしている。

関連:

三菱リージョナルジェット 2度目の試験飛行
「三菱リージョナルジェット」 初飛行
三菱リージョナルジェット、スホイ・スーパージェットのライバルとなるか?
タグ
米国, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント