01:58 2018年12月14日
日本のホテル 南京大虐殺に関する書籍を客室から撤去へ

日本のホテル 南京大虐殺に関する書籍を客室から撤去へ

© REUTERS / Kim Kyung-Hoon
日本
短縮 URL
0 1010

日本のホテルチェーン「アパホテル」は25日、中国政府の非難を呼んだ南京大虐殺に関する書籍が客室に置かれている問題で、書籍を撤去することに同意した。

先に「アパホテル」の客室に南京大虐殺を否定する内容の書籍が置かれていることがわかりスキャンダルが勃発した。「アパホテル」は中国側から批判を受けたものの、アパグループ代表の元谷外志雄氏が執筆した南京大虐殺に関する書籍の撤去を拒否していた。

南京大虐殺に関する書籍は、来月開かれる第8回札幌アジア冬季競技大会で選手たちの宿舎となっている「アパホテル」の客室に置かれている。同大会組織委員会の代表が新華社通信に伝えたところによると、「アパホテル」は選手たちの部屋から書籍を撤去することを約束したという。

先に伝えられたところによると、釜山の日本総領事館の対面に慰安婦被害を象徴する少女像が移設されたことを受け、昨年末の12月28日、在韓国日本大使館の長嶺安政大使と在釜山総領事館,の森本康敬総領事は一時帰国の命を受けた。

タグ
日中関係, 観光, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント