19:28 2018年02月18日
東京+ 4°C
モスクワ-4°C
    日本 北朝鮮の再三の核実験対策にさらなる出費

    日本 北朝鮮の再三の核実験対策にさらなる出費

    © REUTERS/ KCNA
    日本
    短縮 URL
    2516

    日本政府は、核実験全面禁止条約機関(CTBTO)準備委員会に今年度中に2・9億円の拠出を行う。日本のマスコミ各社が報じた。

    CTBTOは核実験の観測を行う機関。今回の拠出は朝鮮民主主義人民共和国の核実験の頻度が増していることをうけ、核実験時に噴出する放射性ガスを検出する観測装置をCTBTOを通じて日本が導入するのが狙い。

    放射性ガスにより原爆の種類を判定することが可能。日本国内には群馬県と沖縄県に準備委員会の認証を受けた観測施設があるものの、実験後、短時間で弱くなる穂写生ガスは風向きなどに左右され、必ずしも効率のよい測定ができるわけではない。今回導入されようとしているのは運搬可能な施設で世界でもほぼ例がない。

    北朝鮮は21世紀になって核実験を実施した世界で唯一の国。国連安保理の禁止にもかかわらず、2016年だけでも1月と9月に2回も行われている。

    タグ
    核問題, 日本, 北朝鮮
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント