19:41 2018年08月15日
中国ドローン「緊張をエスカレートさせる行為」「領空侵犯」と政府が批判声明

中国ドローン「緊張をエスカレートさせる行為」「領空侵犯」と政府が批判声明

© AP Photo / Emily Wang
日本
短縮 URL
245

菅義偉官房長官は19日の記者会見で、18日午前に沖縄県・尖閣諸島周辺領海に侵入した中国公船が小型無人機ドローンを飛ばした違法行為について、一方的に緊張をエスカレートさせる行為だとして強く批判した。共同通信が報じた。

スプートニク日本

菅氏は「中国による新たな形態の行動であり、全く受け入れられない」と述べ、中国側に厳重に抗議したという。

稲田朋美防衛相も同日の記者会見で、ドローンとみられる物体1機が飛行しているのを確認し、航空自衛隊がF15戦闘機など4機を緊急発進(スクランブル)させたと発表した。稲田氏は、領海侵入中の中国公船がドローンを飛行させたと分析しているとし、「領空侵犯に当たると考えている。わが国の主権に対する侵害だ」と指摘した。

タグ
中国, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント