02:10 2018年07月22日
マービン・ストロンボ

元米兵、サイパン島からの日章旗返還のため訪日【写真・動画】

© AP Photo / Don Ryan
日本
短縮 URL
150

第2次世界大戦で拾った日章旗を返すため、93歳の元米海兵隊員が来日し、13日に記者会見した。終戦記念日の15日に岐阜県の遺族に直接手渡すという。時事通信が報じた。

スプートニク日本

モンタナ州在住のマービン・ストロンボさんは1944年6月に激戦地サイパン島へ上陸。戦死した日本兵が持っていた署名入り日章旗を見つけ、いつか家族に返したいとの思いから米国に持ち帰った。

今年3月、ストロンボさんの娘が、日本兵の遺品返還活動に携わる米NPO「オボンソサエティ」に連絡した。日本遺族会などと協力し、持ち主が判明した。

特定の決め手となったのは、日章旗の署名に安江姓が多かったこと。

ジャパン・タイムズによると、「オボンソサエティ」はすでに125枚の日章旗を返還済みで、自身の行動を悔やみ、旗の返還を望む元米兵から1日5件の問い合わせを受ける。

関連記事

広島原爆の日:原爆を落とした国の「核の傘」で守ってもらう日本の姿勢を悲しむ被爆者

タグ
歴史, 日本, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント