19:30 2018年09月24日
中四国9県でJアラート訓練 18日、北朝鮮ミサイル計画受け

中四国9県でJアラート訓練 18日、北朝鮮ミサイル計画受け

© REUTERS / KCNA
日本
短縮 URL
113

北朝鮮による米領グアム周辺への弾道ミサイル発射計画を受け、総務省消防庁は16日、中国・四国地方の9つの県を対象に、全国瞬時警報システム(Jアラート)を使用した情報伝達訓練を18日に行う方針を決めた。共同通信が伝えた。

スプートニク日本

共同通信によると、訓練は、国がテスト情報を配信し、北朝鮮が計画で上空通過を予告している島根、広島、高知3県のほか、鳥取、岡山、山口、徳島、香川、愛媛各県の全市町村で、防災行政無線などを自動起動し、住民に情報を伝える。

Jアラートは、人工衛星を使って国から自治体へミサイル発射などの情報を送信。

先に伝えられたところ、北朝鮮の李容浩(リヨンホ)外相が、6日にフィリピンのマニラで日本の河野外相と意見交換した際に、「対話」を打診していたことがわかった。

タグ
ミサイル, 北朝鮮, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント