19:59 2018年06月22日
ストルテンベルグ事務総長

NATO事務総長 河野外相と会談

© AFP 2018 / ILMARS ZNOTINS
日本
短縮 URL
0 15

日本を訪れている北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は、日本の河野外相と会談し、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の核・ミサイル開発は国際社会全体に対する脅威だとして、NATOと日本が連携し圧力を最大化していくことが重要だとの認識で一致した。NHKが伝えた。

スプートニク日本

日本の外務省によると、NATOに加盟する29カ国の中には、対話を通じて北朝鮮問題を解決すべきだという立場をとる国もあるが、30日の会談ではNATOと日本が連携して北朝鮮への圧力を最大化していくことで一致した。

また日本側は、英国にあるNATOの海上司令部に連絡官として自衛官を派遣することや、日本政府代表部を来年度中に開設することなど、NATOとの連携強化に向けた具体的な取り組みを説明したという。

NATOと日本の協力についてはストルテンベルグ氏がすでに、NATOのサイバー防衛に関する研究や訓練などを行う機関「NATOサイバー防衛センター(CCDCOE)」に日本の専門家が派遣されることを明らかにしている。

タグ
NATO
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント