06:53 2018年09月26日
日本、北朝鮮まで届くミサイルを購入する方針 マスコミ

日本、北朝鮮まで届くミサイルを購入する方針 マスコミ

© AFP 2018 / US AIR FORCE
日本
短縮 URL
2815

日本の防衛省は、北朝鮮や中国まで届く、航空機から発射される高精度なミサイルの購入を計画している。ロイター通信が関係者の話を引用して報じた。

スプートニク日本

ロイター通信によると、関係者の1人は「ミサイルの長射程化は世界的なすう勢。日本も足の長いミサイルの取得を検討するのは当然の流れだ」と語った。

また関係者によると、日本は射程1000キロの米国製の空対地ミサイル「JASSM-ER」の保有を考えており、自衛隊のF15戦闘機に搭載することが可能かどうか調査するという。

また先に日本のマスコミは、防衛省がF35戦闘機に搭載するノルウェー製のミサイル「Joint Strike Missile (JSM)」の取得にも関心を示していると報じた。同ミサイルは地上の目標や海上の艦艇を攻撃することができ、最大射程は500キロ。

なおこれらのミサイルを購入する費用は防衛予算には含まれていない。防衛予算はすでに防衛省によって約5兆2億6000万円で承認されている。

ロイター通信が関係者の話として報じたところによると、防衛省は「準備経費を2018年度予算案に計上する方向で調整している」という。

関連ニュース

韓国 北朝鮮の核戦力完成に関する声明ははったり

米韓、史上最大規模の訓練開始

タグ
日本, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント