01:06 2018年10月21日
日本は一時的な緊張緩和のために北朝鮮の核保有を容認するような対話を行うことはない 河野外相

日本は一時的な緊張緩和のために北朝鮮の核保有を容認するような対話を行うことはない 河野外相

© REUTERS / Kim Kyung-Hoon
日本
短縮 URL
11111

日本政府は「一時的な緊張緩和」のために北朝鮮の核保有を容認するような対話を行うことはない。22日、河野外相が国会における外交演説の中で述べた。日本外務省がホームページで発表した。

スプートニク日本

河野外相は北朝鮮問題について、北朝鮮の現状は日本を含む国際社会全体に対する「これまでにない重大かつ差し迫った脅威」だとし、北朝鮮の核・ミサイル開発は断じて容認できないとの立場を示した。

また外相は、北朝鮮と一刻も早く対話すべきだという意見があるが、「圧力のない中での対話は、核武装を完了したと公言する北朝鮮を非核化に向けて動かすことはできない」とし、「我々は、一時的な緊張緩和を得るために、北朝鮮の核保有を容認するような対話を決して行うことはない」と強調、北朝鮮に対する圧力を今後も強化することが不可欠だと指摘した。

さらに外相は、北朝鮮非核化のためには核・ミサイル開発を続けても明るい未来はないことを北朝鮮に認知させる必要があるとし、そのために米国、韓国、中国、ロシアと協力、連携を強めてきたと述べ、日本は今後も国際社会の団結を維持するために最大限の努力を続けると語った。

関連ニュース

韓国、北朝鮮の五輪先遣隊受け入れを承認

北朝鮮資金源の断絶へ途上国支援 政府、制裁抜け穴ふさぐ狙い

タグ
日本, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント