18:14 2020年10月23日
日本
短縮 URL
235
でフォローする

日本たばこ産業(JT)は、ロシアの大手たばこメーカー「ドンスコイ・タバック」社を1710億円で取得することについて合意したと発表した。

スプートニク日本

プレスリリースでは、JTグループが企業グループ「ドンスコイ・タバック」を取得することで合意し、取引額はおよそ900億ルーブル(1710億円)としている。

取引完了は2018年度第3四半期の初めとみられている。

「ドンスコイ・タバック」は、ロストフ・ナ・ドヌーにあるたばこ工場で、ロシアでの最大手紙巻きたばこメーカーの一つ。同社の歴史は、既に1857年から始まっている。

タグ
経済, 露日経済協力, 露日関係, ロシア, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント