13:20 2020年02月22日
日本
短縮 URL
1110
でフォローする

警視庁はサイバー犯罪の捜査を担う部署を集約した拠点を東京に開いた。捜査員500人ほどが1箇所に集まる。日本メディアが報じた。

スプートニク日本

共同通信社によると、新拠点以前はサイバー捜査を行う部署は分散していたが、統一拠点により、サイバー犯罪の捜査員が集まり、捜査の調整がしやすくなると見られる。

ハッカー
© Fotolia / Yeko Photo Studio
2017年の1年間でコンピュータから情報を盗んだケースやその試みが300万回以上確認されたという

共同通信によると、2017年には82団体からサイバー攻撃で通報があった。

関連ニュース

日本で5万個のビデオカメラがハッカー攻撃に使われる

米国でハッカーがキャッシュカード500万枚の情報を盗む

タグ
ハッカー, 警察, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント