02:29 2020年01月22日
日本
短縮 URL
2510
でフォローする

寺を多くの人により親しみやすくし、若い世代を宗教に引き付ける試みとして、元DJの照恩寺・朝倉住職が年2回、極楽浄土を演出してお勤めとテクノを融合させたテクノ法要を行っている。

スプートニク日本

法要中、朝倉住職は伝統衣装を身にまとい、頭には大きなヘッドホンを装着する。

テクノ法要は様々なハイテクガジェットやソフトウェアを必要とするため、高価なイベントだ。

ロシアのSNSでも朝倉住職が投稿した動画が人気を集め、テクノ愛好家からの大きな関心を呼び起こしている。

タグ
仏教, テクノ, 音楽
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント