17:04 2018年09月25日
衆参両院の国家基本政策委員会は25日の合同幹事会で、安倍晋三首相と立憲民主党の枝野幸男代表ら野党党首による党首討論を30日午後に開く日程を正式に決めた。学校法人「森友学園」や「加計学園」問題、働き方改革関連法案などを巡り、与野党党首が激しい論戦を交わす見通しだ。

30日の党首討論を正式決定 森友・加計巡り論戦

© AP Photo / Kazuhiro Nogi/ Pool
日本
短縮 URL
216

衆参両院の国家基本政策委員会は25日の合同幹事会で、安倍晋三首相と立憲民主党の枝野幸男代表ら野党党首による党首討論を30日午後に開く日程を正式に決めた。学校法人「森友学園」や「加計学園」問題、働き方改革関連法案などを巡り、与野党党首が激しい論戦を交わす見通しだ。

スプートニク日本

党首討論は2016年12月以来。討論時間は計45分間で、枝野氏のほか、国民民主党の玉木雄一郎共同代表、共産党の志位和夫委員長、日本維新の会の片山虎之助共同代表が質問に立つ。

衆院会派「無所属の会」の岡田克也代表は質問時間が短いとして辞退し、その分を他党に振り分けた。

(c)KYODONEWS

関連ニュース

与党に麻生氏責任論強まる

首相、森友記録廃棄「誠に遺憾」

タグ
加計学園問題, 森友学園問題, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント