16:28 2018年07月23日
過労死遺族ら、高プロ成立を批判 「過労死の撲滅に逆行」

過労死遺族ら、高プロ成立を批判 「過労死の撲滅に逆行」

© Depositphotos / Xalanx
日本
短縮 URL
2102

働き方改革関連法の柱の一つ、高度プロフェッショナル制度(高プロ)に反対してきた過労死遺族は29日、国会内で記者会見し「過労死のない社会を目指す方向と逆。危険だ」と訴えた。

スプートニク日本

過労死や過労自殺で家族を亡くした人が参加する「全国過労死を考える家族の会」の活動が約4年前の2014年、防止対策を国の責務と定めた過労死防止法成立につながった。

1999年に小児科医の夫を過労自殺で亡くした「東京過労死を考える家族の会」の中原のり子代表は、4年前も国会の傍聴席にいたという。「今日は逆。労働者の希望を失わせる法律が通ってしまい、憤りを持っている」と話した。

(c)KYODONEWS

関連ニュース

裁量制過労死「隠蔽せず」 厚労相、野村不動産の違法適用で

佐戸未知さんの死 日本は過労死を克服できるのか?

タグ
健康, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント