20:50 2018年07月17日
海上自衛隊(アーカイブ)

日本政府、対北朝鮮警戒を緩和 「国民を守れる態勢継続」

© Sputnik / Alexei Danichev
日本
短縮 URL
124

政府関係者によれば、政府は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に対する警戒監視態勢を6月下旬から緩和した。時事通信が報じた。

スプートニク日本

小野寺五典防衛相は2日、茨城県つくば市で記者団に対し「弾道ミサイル防衛は、必要なことをやっていく。大切なことは、いついかなる時にも国民をしっかり守れる態勢を継続していくことだ」と述べた。

これまで、常に北朝鮮の弾道ミサイルに備えて日本海に展開してきた海上自衛隊のイージス艦は、発射の兆候があれば即応する態勢に切り替えたという。

6月12日の米朝首脳会談を踏まえ、政府は弾道ミサイル発射の可能性が低いと判断していた

関連ニュース

外務省、拉致問題解決へ体制強化 北朝鮮専門課発足

北朝鮮完全非核化へ連携 日米防衛相会談

タグ
北朝鮮, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント